なって初めてわかる健康のありがたさ

病気になった時、健康な体があるだけでなんて幸せだったんだろう

と思うひとがほとんどではないでしょうか?

 

 

不思議なもので人間元気な時はそこまで「健康」というものを意識することもなく生活しています。
そしてそれがずっと続くとさえ無意識で思っています。

 



メディアでは健康に関することをたくさん取り上げていて多少気にしてみたり、取り入れてみることはあっても
果たしてそれが本当なのか?
自分に合っているのか?

まではわからない場合がほとんどです。

 



しかし、一度大きく体調を崩した経験のある人、身内で病気になった人がいるなど大きなものに直面した経験のある人は別です。

 


身をもって体調不良を経験したからこそ
健康であることのありがたさがわかるし
二度とあの頃には戻りたくない
という一心でとてもカラダにもココロにも気を付けます。

 

テレビやネットでは多種多様な健康法が溢れています。


さぁそこから自分がいいと思うものにたどり着けるでしょうか?

運よく見つけられた人はラッキーですね!

というほど
○○が体にいい
と次々と紹介されては廃れを繰り返されているのが現状ではないでしょうか?

 

 

薬や病院も治すためにはなくてはならない大切なものです。
しかし、

回復したときや病院にかかるまでではないときは
なるべくそれは選びたくないとわたしは思っています。



そこに至る前になにか気軽にメンテナンスができたら。
そんな思いもありサロンオープンしました。

これだけ素晴らしい医学の進歩があるにもかかわらず
病気になる人は増え続けている。

 

少しでも病気で苦しむ人が減るように
「予防医学」ということも意識しています。


「体の不調」と「心の不調」はすごく関連します。
そのためどちらかが疲れてしまうとどちらかも引きずられるように疲れてしまうのです。

 


気持ちが乗らないときは体も重かったりしませんか?
ハードワークが続いたときは何で私ばっかりと心がガサガサしてきませんか?


こんな風にとても強い絆で心と体はつながっているのです。

 


家族のため、子供のため、会社のため、お客様のため、お世話になっている人のため、ビジネスのため…

 


頑張ることも必要ですが
その頑張りが辛くなってきたら一度休息が必要かもしれません。


カラダからの「つらいよ~」とか「痛いよ~」とか「もうこれ以上は無理だよ~」という声が聞こえているうちに是非。

 


それを無視したり私はまだやれるはずと信用しなかったりすると。。。
強制的に休ませようと体がボイコットします。

それは倒れてしまうとか病気になるとかを意味します。
もちろん心の病気も例外ではありません。

 

 


○○のためと思って頑張って無理しきたこと、自分の体がそうなってしまったら…
その時どう思うでしょうか?
頑張ってきてよかったと思えるでしょうか?

 

 



誰かのためだけではなくて
自分の「幸せ」と思える時間も大切にしてほしい。


あなたの体を守ってあげられるのは
あなたしかいないのです。

 

 

健康のためにやることは、自分への投資です。
あなたはもっと自分のための幸せを受け取っていいのです。

 


苦しい辛いと暗い顔で身を削っている人と一緒にいるのと
楽しい嬉しい幸せと笑っている人と一緒にいるのとでは
周りの幸せ度も全然違います。


あなたの幸せは結果的に周りの人も幸せにします。


カラダと向き合う時間をつくりましょう♡

menuはこちら